群馬大学医学系研究科附属生物資源センター

ENGLISH

医生物学研究の基盤施設として

研究活動

Research

生物資源センター研究室では(i)寄生虫学、感染症や免疫学に関する研究や(ii)実験動物を用いた神経発生学の研究を進めています。これらに関連した疾患モデル動物の作製も重要な研究テーマです。また、(iii)ヒトの生殖補助医療への貢献を最終目的として、マウス初期胚操作技術(例、体外受精、受精卵凍結、精子凍結等)の向上を試みています。本技術は、貴重なマウス系統の保存や適切な動物飼育環境維持にも貢献します。

教育面でも、学部生および大学院生への実験動物学と動物実験倫理の教育を担当しています。

 

研究概要(ii):実験動物を用いた神経発生学 (担当:金子)

マウス脳をモデルとして神経回路形成の分子メカニズム解明を目指しています。特に、クラスター型プロトカドヘリン(Pcdh)に着目しています。Pcdhは精神疾患(自閉症や統合失調症、うつ病など)や知的障害との関連も報告されています。本研究により、これらの治療法の糸口が見つかる可能性があります。

研究を楽しんでくれる学生さん募集中です。一緒に、分子遺伝学や神経発生学を学んでいきましょう。なお、本研究内容に関しては、群馬大・医・遺伝発達行動学分野(柳川右千夫 教授)や大阪大・八木 健 教授、オランダ・De Zeeuw博士やNadif Kasri博士との共同研究を実施しています。

 

研究概要(iii):マウス初期胚の操作技術&ゲノム編集技術の向上 (担当:金子)

ヒトの生殖補助医療への貢献を最終目的として、マウス初期胚の操作技術の向上方法を研究しています。現在は、マウスでの体外受精、受精卵凍結、精子凍結が安定して実施できています。本技術は、貴重なマウス系統の保存や適切な動物飼育環境維持に役立ちます。さらなる高効率化により動物実験における3Rへも貢献します。

2018年、私達は短いストローにマウス精子を凍結保存する技術(ST法)を開発しました(Kaneko R et al, 2018)。本法により、凍結精子の収納スペースが格段に少なくなります。

近年は、ゲノム編集(CRISPR/Cas9)による遺伝子改変マウス作製にも取り組んでいます。遺伝子欠損マウス作製をお考えの方はお声がけください。

 

 

主な研究業績:

2021
Keisuke Sasaki, Saaya Takaoka, Yayoi Obata. Oocyte-specific gene knockdown by intronic artificial microRNAs driven by Zp3 transcription in mice. J Reprod Dev, 2021, 67: 229–234

Ryosuke Kaneko (Corresponding author), Toshie Kakinuma, Sachiko Sato, Atsushi Jinno-Oue. Improvement of short straws for sperm cryopreservation: installing an air-permeable filter facilitates handling. J Reprod Dev,  2021, 67: 235–239

2019
Keisuke Sasaki, Satoshi Hara, Reina Yamakami, Yusuke Sato, Saki Hasegawa, Tomohiro Kono, Kanako Morohaku, Yayoi Obata. Ectopic expression of DNA methyltransferases DNMT3A2 and DNMT3L leads to aberrant hypermethylation and postnatal lethality in mice. Mol Reprod Dev, 2019, 86: 614–623

2018
Kaneko R (corresponding author), Kakinuma T, Sato S, Jinno-Oue A. Freezing sperm in short straws reduces storage space and allows transport in dry ice. J Reprod Dev, 2018, 64:541-545

Ryosuke Kaneko (corresponding author), Yusuke Takatsuru, Ayako Morita, Izuki Amano, Asahi Haijima, Itaru Imayoshi, Nobuaki Tamamaki, Noriyuki Koibuchi,Masahiko Watanabe, Yuchio Yanagawa. Inhibitory neuron-specific Cre-dependent red fluorescent labeling using VGAT BAC-based transgenic mouse lines with identified transgene integration site. Journal of Comparative Neurology, 2018, 526(3): 373-396

2016
Kaneko R, Sato A, Hamada S, Yagi T, Ohsawa I, Ohtsuki M, Kobayashi E, Hirabayashi M, Murakami T. Transgenic rat model of childhood-onset dermatitis by overexpressing telomerase reverse transcriptase (TERT). Transgenic Res, 2016, 25(4):413-24

Kanako Morohaku, Ren Tanimoto, Keisuke Sasaki, Ryouka Kawahara-Miki, Tomohiro Kono, Katsuhiko Hayashi, Yuji Hirao, Yayoi Obata. Complete in vitro generation of fertile oocytesfrom mouse primordial germ cells. Proc Natl Acad Sci U S A, 2016, 113: 9021–6

2014
Ryosuke Kaneko, Manabu Abe, Takahiro Hirabayashi, Arikuni Uchimura, Kenji Sakimura, Yuchio Yanagawa, Takeshi Yagi. Expansion of stochastic expression repertoire by tandem duplication in mouse Protocadherin-α cluster. Scientific Reports, 2014, 4: 6263.

Ryosuke Kaneko (corresponding author), Toshie Kakinuma, Sachiko Sato, Atsushi Jinno-Oue, and Hidekazu Hata. Littermate influence on infant growth in mice: Comparison of SJL/J and ICR as cotransferred carrier embryos Experimental Animals, 2014, 63: 375-381

Zhang Yue, Ryosuke Kaneko, Yuchio Yanagawa, and Yasuhiko Saito The vestibulo- and preposito-cerebellar cholinergic neurons of a ChAT-tdTomato transgenic rat exhibit heterogeneous firing properties and the expression of various neurotransmitter receptors Eur J Neurosci, 2014, 39: 1294-1313

2012
Keizo Hirano, Ryosuke Kaneko (co-first author), Takeshi Izawa, Masahumi Kawaguchi, Takashi Kitsukawa, Takeshi Yagi Single-neuron diversity generated by Protocadherin-β cluster in mouse central and peripheral nervous systems. Front Mol Neurosci. 2012, 5:90.

PAGE TOP